スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
うつった。。。
祖父母が来ていた間に私にうつってしまったもの。。。千葉弁です。、と言うか房総半島の方言です。
家の旦那(日本語出来ないドイツ人)ですら「いつもの日本語とアクセントが違ってる。」と気付く程、祖父母の木更津弁に影響されてしまったようです。
確かに房総の方のアクセントはちょぃと標準語と違うんですよね。
「あぁんが、○○だよぉ。」(あぁんが=いや、とか否定の意味)とか。
「○○した。」の事も「○○しる。」って言うしね。「押す」は「おっぺす」です。だから「ここを押す」は「ここをおっぺすだよぉ。」ってな具合です。
言葉自体は標準語とそれほど変わらないけれど、一節ごとにアクセントが入るって感じです。演歌で言うならこぶしですね。笑

何はともあれ、こういう訛りとかって自分のアイデンティティですもんね。要するに自分の一部。
だから、これからちょっと日本語に訛りが入っているかも知れませんけど、(お知り合いの皆様)つっこまないでね。笑

励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif



房総の方言です。木更津よりも富津とかの港の方が漁師の言葉の影響が強いらしく、訛りが激しくなるらしいですね。
祖父母がよく使うのは。。。

おいねぇ…[形容詞、副詞]だめ、いけない、悪い。語源は手に負えないの「おえない」からだそうです。「おえない」→「おいない」→「おいねぇ」
あんも…[感嘆詞]相手の言ったことに対して否定する時に使う。大抵は相手に気遣って否定する時に使う。文例:A「無理そって、わりったね。」B「あんも、あんも。あんちこたねぇよ。」→A「無理なこと言って、申し訳ありませんでした。」B「とんでもない。たいしたこと無いですよ。」

ああんが… (いいえ。)
あんで …(どうして) 使用例「あんで、こねった」 (どうして来なかったの)

参照 房総方言のHP
http://kan-chan.stbbs.net/boso/dialect.html
http://homepage3.nifty.com/salla/
【2006/04/16 02:14】 | 日本&日本語 / Japan&Japanisch | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<終わった。。。 fertig! | ホーム | 祖父母のドイツ旅行記 追記>>
コメント
これまた、よ~っく分かります私!
私は九州出身なのですが、せっかく標準語をしゃべりなれても実家の両親とちょっと話すと元通り!
でも方便こそ愛嬌! ルーツ!なんて勝手に良い様に解釈して今は諦めて方便ばっかりで喋ってます日本語(=v=)
千葉の方言って以外に難しいですね!
おいねぇ<=知りませんでした!

というか旦那さん気づいた!? (すごいですね)
うちの旦那少し日本語話ますが私が方言でしゃべってるかどうか区別つかないですよ!
人から聞いて初めて知って驚いてました(笑)
【2006/04/16 23:42】 URL | yoko #-[ 編集] | page top↑
yokoさん、

うちの旦那も日本語は単語がちょびーーっと理解できるだけなんですけど。。。アクセントと、文節の区切りが変わるって言ってました。
音楽が好きな人だから言葉も音楽みたいに捉えているんだと思います。

>おいねぇ<=知りませんでした!
ああんが、おいねえ知らんかったんかぁ。そりゃ、おいねぇな。
ってな具合なんですけど。。私の訛りはそこまでひどくないかな。

【2006/04/17 07:41】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
ちょっとおばあさんが使っていた茨城南部弁に似ている!!
とても呼んでいて懐かしかったし、おじいさん&おばあさんが
健在でいらっしゃるBUSUKEさんが大変羨ましかったです^^
【2006/04/17 14:15】 URL | mitzi #-[ 編集] | page top↑
mitziさん、

そうですか。 茨城南部弁と似てるんですネェ。
そう言えば茨城の方とは話していて親近感がわきやすいですね。方言が似ているせいなのかぁ。
やはり「ちばらき」ですもんね。

家の祖父母はまだまだ元気なつもりでいるようですが、やはり久しぶりに会うと年の経過を感じますね。こればっかりはどうしようもないので、二人が元気なうちにいろいろと一緒に思い出作りしたいと思ってます。
【2006/04/17 15:09】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
方言っていいですねぇ。
私は方言大好きです。言葉の温かみがあるというか…。
よく外国の方もその土地で暮らすとその土地の方言が自然と身について
いらっしゃいますが、それはある意味地元の方達との交流とかの証拠なんでしょうね。

おじい様とおばあ様の置き土産…言葉にもあったんですねぇ。
【2006/04/18 06:19】 URL | Marinka #-[ 編集] | page top↑
千葉、房総半島なんて東京から殆ど離れていないのに・・・あんももおいねえも聞いたことありませんでした・・・私、東京に10年は住んでいたのに??
自分自身は関西弁と標準語の両方を流暢に話すバイリンガルで通ってました。
仕事場で関西弁を話すとすぐ「関西人レッテル」張られてなにかと面倒だったのでどこの出身かわからないようにしてました。会社に掛かってきた母親からの電話に関西弁で応答した私に本当に驚いていた同僚がいました・・・。ははは!
でも方言はあったかいですよね。いいもんです。
【2006/04/18 23:51】 URL | minako #-[ 編集] | page top↑
Busukeさんへ

私も千葉県民ですが、この方言知らなかったです!

そう言えば、木更津で教職に付いた友人は、若干変わったアクセントで
話すようになってましたよ

From Tina
【2006/04/19 20:59】 URL | Tina #-[ 編集] | page top↑
bambinaさん、

方言は今までそれほど意識して話してはいかなったんですけど、やっぱりうつるもんですねぇ。
言葉のあたたかみを感じますよね。
自分のルーツですから、これからも上手くおつきあいしていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
minakoさん、

minakoさん関西のご出身だったんですかぁ。
ずっと気付かなかった。さすがバイリンガルですねぇ。
上手く騙されました。。。

私の父親も関西弁を仕事で話していて「信用されない」との理由から標準語に切替えてました。
でも、大阪の空港で飛行機から降りた瞬間大阪弁になっているあたりが、子供として妙に面白かったなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tinaさん、

えーー。Tinaさんも千葉県民でしたかぁ。今までドイツ在住の千葉県民はなかなかお目にかかれなかったので、嬉しいっす。

木更津の方言は言葉自体よりもアクセントが違う部分が大きいと思いますね。話し方にこぶしが入ったような感じで。。。

これからも県民同士よろしくお願いしますね☆
【2006/04/19 21:12】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
おー、これは、スゴイ。ウチは神奈川の逗子です。三浦半島の漁師町といった感じですが。。。。

そういえば、おっぺす、これは、よく母や祖父母が使ってましたね、神奈川でも使うのでしょうか。このボタンをおっぺすと、テレビがつくよ、とかって感じです。懐かしいー。
【2006/04/20 02:28】 URL | Cha Cha #-[ 編集] | page top↑
Cha Chaさん、

やっぱり漁師言葉だから似てるんでしょうかねぇ。
おっぺすは可愛いですよね。笑
【2006/04/20 22:36】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
うふふ。千葉弁。ウチは母方の実家が千葉です。
船橋です!母は訛りはありませんが、おじいちゃんが言ってることは
時々?なことがあります。

私は横浜育ちなので、「じゃん」を使いますよ~。
「あ!それあたしんじゃん。」とかちなみに意味は「あ!それ私のでしょ。」

あと、大学の時に、付き合っていた彼が、新潟弁を使う人だったので、
「したっけそろっと行くっけかぁ~」とか未だにポロっと出てしまう。
→「では、そろそろ行きましょうか。」

名古屋に住んでいた事もあるので、名古屋弁もたまに入る。
「名古屋に住んどったでぇ~、名古屋訛りなっとるがぁ。」
→「名古屋に住んでいたので名古屋訛りになっています。」

とっても感化されやすい私にはアイデンティティーの欠片すらない。


【2006/04/22 01:52】 URL | ジャパワイフ #-[ 編集] | page top↑
ジャパワイフさん、

私も付き合った人や友達の影響でうつることもありました!
でも、何だかんだ言って海外に住むには感化されやすい方が順応できるってことで、良いのでは?と思う今日この頃です。
最近ではびっくりした時やとっさの一言までドイツ語になってしまっている私です。
これがアイデンティティーになっちゃわないように日本語を話す機会を増やさなければ。。。
【2006/04/23 22:49】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/65-27c8797b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。