スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今日の天気
またまた祖父母のドイツ滞在日記です。
実家の家族も息を飲んで見守っているらしいので、ちょくちょく更新することにしました。

祖父母は昨日22時には既にバタンキューで眠りについてしまいました。
そして、今朝は7時には起床。7時半から何と二人っきりでお散歩に。。。
付いて行こうかと思ったくらい心配でしたが、近所のスーパーでお買物をして無事戻ってきました。

そして、プランの通り今日はバスで市内観光。。。
中央駅から出ているバスに乗り込み1時間のバスの旅。ヘッドフォンからいろいろな言語でミュンヘンの説明が聞こえてくるやつです。。。
と思ったら、な、何と日本語、その他のドイツ語以外の言語が流れない。。。ドイツ語オンリーのバスツアーを一時間経験してしまいました。
バスが発車してからアナウンスがはじまり、バスの2階にいた+祖父母に日本語で説明をしなければいけない。。。結局降りた後に納得がいかなかったので、チケット売り場に苦情を言うことに。
チケット売り場のおねぇさんは「そういうのはバスの運転手に直接言って下さい。」とのこと。バスの運ちゃんに言うことになりました。。。

5ヵ国語でガイドがつくとバスに書いてある、しかもチケット売り場のおねぇさんに日本語ガイドがあるか確認してからチケット買ったのに、バスの運ちゃんの言い分は「何で最初に言わないの?」です。言えば日本語のテープも流したそうな。
えーー、どうみたってアジア人の3人組が入ってきて、アジア言語は日本語しかないのにドイツ語オンリーしか流さない方がおかしいでしょ。
しかも「乗る前に言え。」って、もしドイツ語英語出来ない人だけだったら、それは要求しすぎです。ありえない。しかも、11ユーロもする。高すぎ。
私がドイツ語が出来るので、他の二人もそうだと思ったそうです。うーん、ありえない言い訳ですね。ドイツっぽい。

最後には「もう一度日本語付きでバスツアー出来ますけど。」と言われましたけど、祖父母は疲れちゃってるし、言うだけ言ったので納得はいかないけど、これで良しとしました。。。生ゆるいかしら。

これからミュンヘンへ旅行を企画していらっしゃる皆様、こういった類のバスツアーはこの程度のサービスなので、乗る前に日本語指定しないとドイツ語オンリーのガイドになっちゃいますよ。御注意あれ。しかも、後から文句言ってもお金は返ってこない。

まぁ、それでも祖父母は「ミュンヘンの街並みが濡れずに見れたから良かったね。」と満足な御様子でした。

今日はバスに乗る前から雨が降り始めて。。。現在、夕方には雪と化しています。アプリルウェター、4月の天気は変わりやすいですなー。
一応明日はノイシュワンシュタイン城を観光の予定。さてさて、どうなる事でしょうか。

励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif

【2006/04/06 01:25】 | 私事ですが | コメント(4) | page top↑
<<祖父インターネットに触れるの巻 | ホーム | かばんの行方>>
コメント
ドイツ語→日本語、日本語→ドイツ語通訳お疲れ様です(笑)
旦那さんの気持ちは確かに嬉しいことですけど、、、なんというか、ね、まあ色々ありますよね。
バスの件、いかにもドイツらしい一件ですよね。
どっちに話しても私の責任じゃないと全然とりあわない、、、ちょっと気を利かしてという精神がないんでしょうね。僕でも苦情言うだけで、それで勘弁しちゃうだろうなー。やはりそこらへんが日本人ですよね。
残りの滞在日が気持ちよく過ごせるといいですね。
【2006/04/05 18:40】 URL | Jassi #-[ 編集] | page top↑
いやぁ、文句は私が言いたかったから言ったまでで、当の本人達は何でもめているのか分かっていなかったと思いますよ。(笑)
だから、本人達はすごーく気持ちよい滞在してると思います。

ただ、11ユーロも払って通訳やらされた私の気持ち的にね、言っておきたかったんです。
今度からこういうことは無いように気を付けますとか、ね、一言いってもらえれば良かったんですけど、「もう一度日本語で1時間ツアー」っていう申し出自体が気が利かないと言うか。うーん、気が利かないですよね。

明日は天気に負けずにノイシュワンシュタイン城行ってきまーす!
【2006/04/05 21:21】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
スウェーデンでもまったくおんなじことになりそうです。とにかく面倒だから知らん振りしてやろうみたいな。後で文句言ってもお金は戻らないし・・・。
常にあら、私はきっちり任務を果たしているし、間違いはしてないわよ。という感じ。
ゲルマン系民族、ドイツ人とスウェーデン人は絶対にそっくりです。
【2006/04/06 15:13】 URL | minako #-[ 編集] | page top↑
minakoさん、

あら、本当にそっくりですねぇ。
スウェーデン人はもっとサービス精神旺盛な国かと思った。。。なんて言うと失礼ですね。
ドイツでは本当にサービスとか、問題があった時の責任感が・・・ないというか、自分はちゃんとやっていると言うことばかりの強調で、問題があった時に「さてどうしようか」まで考えが及ばないような気がします。
自分の身を守るのはいいけど、そればっかりでは問題の改善にはならないですよね。
【2006/04/06 16:57】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。