ドイツ語習得の道 その1 

ドイツに住んでから日本の知り合いなどに言われるのが「ドイツ語、かなり出来るようになったでしょう。
最初の頃は私も「ドイツに住んでいればドイツ語は出来るようになるもの」だと思い込んでました。
しかーーし、そんなに甘くないですね。
最初はかなり苦労してました。。。さて、今回は私の個人的なドイツ語習得の道のりを大まかに綴りたいと思います。って言っても私のドイツ語がパーフェクトなわけではないんですけど。
  • 今の私のドイツ語レベル
会話では周りのドイツ人と話していて、ドイツ人に間違われることは(どうみてもアジア系だしね)ないけれど、こちらで育った人には間違われます。 「ご両親はミュンヘンに住んでるの?」って聞かれるし。ただ、発音は良いと言われても単語力がまだまだ全くたりないので、難しいテーマになるとボロが出ま す。(笑)

そして、ライティング。書きは正直、いまだに苦手ですねー。日常の会話ではごまかせる形容詞変化とか冠詞の間違いが、書くとモロに分かってしまいますから。文法的な細かいミス以外にもドイツ語では書きことばでしか使わない言い回しなど、障害はわんさかあります。
ちなみに、大事なメールやレポートはまず直してもらってます。その度に(そしていつもギリギリ)駆り出される旦那には感謝感謝です。

  • 最初の一歩 (語学学校)
ドイツにやってきたばかりの頃は沢山の日本人が苦労をしているように、私もドイツ語に泣かされました。
だって英語しか出来なかったし、彼とも英語で会話してたし。特に日常生活が大変。買い物する時パン屋さん、肉屋さんなど、カウンターでのお買い物は特に苦手でした。

ドイツに入国してからすぐに語学学校に通い始めて、当時は「初心者コースだから英語で授業?」なんてお気楽な状態でした。実際は全て独語(当たり前だけどね)だったので、ちんぷんかんぷん
Pause(休憩)って言葉も分からなかったから、「何故、皆外に出ていくの?」って感じだったし。(笑)

語学学校に入ってから2、3ヶ月してからお家でも彼につたないながらもドイツ語で話しかけたりして、でも、英語で返されてムキーって怒ったりして、そんなこんなで半年位してからかな、ドイツ語で会話するようになりました。
彼曰く、1年後位には普通にドイツ語会話が出来るようになっていたそうです。(その前はブロークンまたは、英語混じりだったのね。)

  • 大学でのスタート
1年半後には大学の入学試験に無事合格!大学で勉強を開始します。。。、が、とてもじゃないけど語学学校卒業のレベルでは無理。
講義に出ても、何言っているのかまったく分からず、↑の語学学校当初の状態に逆戻り。

不幸中の幸いで最 初に主専攻にしていた学部が外国人の割合60%だった為、チューターコースがいくつかありました。
チュー ターコースとは上の学年の先輩が新入生や外国人相手にいろいろと教えてくれるコース。大学のシステムやら、発表・論文の助けになるコースが沢山あっ て、大助かり。もちろん、通える限りのコースに通いました。そして、タンデム(語学交流)のパートナーに発音を直してもらったりして、「ドイツ語上手だ ね。」とは言われるようになりました。
でも、そんな御世辞で満足していても、大学のレベルには通用しなーいのですよね。
まだまだ道は厳しいのだ。 


次回は「ドイツ語習得の道 その2」。発音、そして大学での日々について書きたいと思います。


ドイツ語習得の道 その2-発音+大学の巻-
ドイツ語習得の道 その3-語彙力の巻-
ドイツ語習得の道 その4-レポートの巻-



終わりまで読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに1クリックお願いします。
f_01.gif


【2006/01/31 22:57】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドイツ語習得の道 その2 -発音+大学の巻- | ホーム | タイ旅行レポート>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/27-7b8b05fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |