アウグスグルグと世界最古の社会住宅
北ドイツから遊びに来た親戚、クラウスおじさん、イングリットおばさんと義理両親と一緒にアウグスブルグに遊びに行ってきました。前回の記事はこちらから「なんちゃってオクトーバーフェスト

アウグスブルグはミュンヘンから車で約30分の街。隣町みたいな感覚でしょうか?
ミュンヘンよりも家賃が安いらしく、アウグスブルグからミュンヘンまで通ってる人も多いみたいです。

さてさて、今回の目的地はこちら、フッガーライ(Fuggereiです。
1521年に大富豪フッガーが出資して建てた集合住宅。生活に困っていた市民を住まわせた世界最古の社会住宅です。

今でも約150人の人が住んでいるそうで、一年の家賃は設立当初のまま、何と88セントぽっきり

今でもこの施設を管理しているフッガー一族と寄進者の為に一日3回お祈りをささげることも家賃の一部になっているそうな。
現在も使われている社会住宅としては世界で一番古いらしい。

ここに入る条件は3つ。

借金がないこと
アウグスブルグに5年(10年だったかどうかちょっと記憶が曖昧)以上住んでいること
キリスト教徒であること

(ここの住人でもあるカフェのウェイトレスさんから聞きました)

貧しい入居者が人からの恵みを頼りに生きて行くのではなく、自活するための援助をする為にフッガーライは建てられたそうです。中世の大富豪、ヤコブ・フッガーの考え方は今もそのまま受け継がれています。

augsburg2.jpg


これは入り口についてる呼び鈴です。それぞれの形が違うのは、電気がなかった昔に自分のドアを暗闇の中でも見分けられるようにとの工夫。見ていて飽きません。
20071004114141.jpg

フッガー一族の紋章。フッゲライの至る所で見かけます。
monshou.jpg

Augsburg10.jpg

Augsburg9.jpg

Augsburg7.jpg


フッガーライは小さい街のようになっていて、中央にはこんな可愛い噴水と広場が。
Augsburg6.jpg

フッガーライ博物館では住居の一つが昔の姿のまま公開されています。
Augsburg5.jpg

名物ネコちゃん。
augsburg3.jpg
こちらはchiblitsさんもお好きなアンティークのミシンです。
フッガーライの近くにアンティークのミシンばかりを集めたお店があったので、思わずパシャ。
今度行く機会があったら、中も覗いてみたいなぁ~。
mishin.jpg

【2007/10/13 23:15】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<アウグスグルグの市場 | ホーム | なんちゃってオクトーバーフェスト>>
コメント
素晴しい考え方ですね。
1521年の建物が住めるというのも石造りや煉瓦造りならでは
なんでしょうね。
日本でも住宅費が抑えることができれば、助かる人ももっと
増えるのではないかと思います。
私も助かる人間の一人です。家賃下げてくれ~(^^i)
【2007/10/14 05:36】 URL | ばぶお #-[ 編集] | page top↑
フッガーライって今もあるんですね!
アウグスブルクは何を隠そう(隠すことも無いが)トレルチの生まれ故郷なんですよん。
というわけで、ミュンヘン滞在中に一回訪問しました。
それにしても葉っぱの赤い色が綺麗ですねー!
busukeさまのブログは、写真も大きな楽しみのひとつです。
【2007/10/14 11:57】 URL | mikisuke-th #-[ 編集] | page top↑
ばぶおさんへ、

困っている人に与えるのは簡単ですが、自分でやり直すスタートの助けをするっていう考え方は素晴らしいと私も思います。
ここの一番有名な人ってモーツァルトの曾お爺さんにあたるフランツ・モーツァルトなんですって。
ここがなかったら、モーツァルトも誕生してなかったりして?!
【2007/10/15 18:28】 URL | busuke #9aGVyTwQ[ 編集] | page top↑
ミキスケ様、

トレルチの故郷はアウグスだったのですねぇ!
写真、褒めていただいて嬉しいです♪
いつも沢山とり過ぎて全部載せられないんですけど、これからはもうコメント抜きにどんどん載せていこうと思います!
【2007/10/15 18:29】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
10年以上前の語学留学時代に、ここを訪れました。
小さなお部屋も見学出来るんですよね~。そして、今もまだここで生活されて
いらっしゃる方がいるってのが、とても不思議な感覚を伴います。
アウグスブルグは、確か教会もカトリックとエバンゲリッシュが共立しているか
何かで、ちょっと特徴あるんですよね、確か?
もぉ、なかなか訪れる機会のない街です。
【2007/10/15 19:24】 URL | ふろっしゅ #-[ 編集] | page top↑
ふろっしゅさんへ、


アウグスブルグはふろっしゅさん想い出の地でしたかぁ。
私はまだ2回目の訪問なので、詳しい観光はしてませんが、バイエルンと主ワーベン地方の特徴が混ざり合ってる感じの街でした。

【2007/10/15 22:23】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
私もアンティークミシンが好きで、わざわざ買ったほど!(2年くらい前だったか?)
昔の黒ミシンにモーターが付いて、直線縫いしか出来ないんですよ。
このアンティークのミシンは右のハンドルを回して縫うの?わぁ~こんなの見たら
欲しくなっちゃう!
【2007/10/20 13:02】 URL | アン #-[ 編集] | page top↑
アンさんへ、

アンさんもchiblitsさんのようにアンティ-クミシンのファンなんですね。
義母の家にも昔のミシンや、ミシン台があります。
ミシン台はバルコニーの飾りになっていて、とても素敵です。

日本でアンティークミシンを買ったらすごく高くなるんでしょうね。
私はまず普通のミシンを買うところから始めなければ!
【2007/10/20 13:25】 URL | busuke #9aGVyTwQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/198-3f5db25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |