スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
寿司パーティ in Germany
今日、ノルウェー人の女友達二人とそのパートナー達が家に来て一緒に寿司を作ることになった。

日本人だから寿司が出来て当り前」と彼らは思っているけど、恥ずかしながら私はドイツに来てからやっとお寿司が巻けるようになった。(お寿司屋さんでバイトしたからね。)
せっかくなので、この技を世界へ見せたい!!!、とまでは思ってないけど、寿司というと駆り出されるようになってしまいました。
寿司用に使える魚は結構高いので、主なネタは野菜系などドイツで簡単に手に入るもの。
以前、日本人の短期留学の子のところにお呼ばれした時には何と『ウィンナー巻』が出て来た。(@_@;)

正直言ってこのコンビネーションはかなりびっくりしたけど、食べてみたら何と。。。美味しかった。(´∀`)
韓国にも『キムパブ』と言うお寿司にそっくりなのがあるけれど、キムパブはお酢と砂糖の代わりに胡麻油お塩をご飯に混ぜるらしい。
そして、中身は塩漬けした胡瓜・錦糸卵・たくわん・そぼろなどなど。結構フレキシブルな感じで海外生活者にはぴったり♪
そう言えば、韓国人の友達はスモークサーモンとかも巻いていた。
お寿司とはちょっと違う感じだけど、割り切れば美味しく味わえるかも。


↑今回は裏表巻きと厚焼き玉子、すりみ、アボカドの握りをつくってみました。

【2005/09/05 22:33】 | 日本&日本語 / Japan&Japanisch | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドイツ語の音楽達 | ホーム | ミュンヘンの図書館>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/15-900b1e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。