スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
彼女の卒論 その後
だいぶ前になりますが、中国人の友達リンの卒論について書いた事があります。
「彼女の卒論」こちら

最近めっきり会う機会がなかったリン。
前に卒論の調子はどうか聞いてみたところ、教授と意見が分かれて上手くいっていないとの返事。

この前会った時にもう一度聞いてみました。
そうしたら、何と今までやっていた方針に教授が不満ないので結局今学期は提出しないらしい。
心なしかリラックスしている感じの彼女、一ヶ月前に会った時とは全然顔つきも違ってる。

でも、そもそもこの時期まで来て提出取り消しとは。

そう言えば、前の会話でも。。。

 リン:うちの学部の教授、あんまり相談する時間を取ってくれないんだよね。

ブースケ:うちの学部も教授は時間がないけど、代わりに他の博士課程の先生とかが面倒見てくれるんだよ。

 リン:うちなんか、修士論文のゼミでもちゃんとした時間割がないから、発言したもの勝ちだもんね。

これもひどい。。。しかも彼女の学部、費用が削られていて卒論を面倒見てくれる教授が来学期から2人だけ
ゲストとしてよそから教授が来ることもあるけど、1学期だけとか他の街に住んでるから面接時間も限られていたり。。とにかく迷える学生にとってかなりハードなケア。と言うか、
これじゃライオンが自分の子供を谷へ突き落として、這い上がってきた子だけを育てる。。。のと一緒?


。。。そんなんだから、教授にあまり相談せずに自分で研究を進めてきたリン。
そして、ろくに面倒も見てくれなかった教授は結局彼女の卒論に不満だったという結果。。。
まぁ、提出して悪い点数もらうよりは一学期伸ばす方がいいのかな。


人気ブログランキング参加中 気に入ってくれた方、ブースケに応援のポチリを
いっつも前を目指すリン、彼女に救いの手を差し伸べてくれる教授ははたして現れるのでしょうか。
banner_02.gif



【2007/02/25 19:19】 | 大学/Uni | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<ストレス解消法 | ホーム | 近状>>
コメント
う~ん、ドイツ教育省の財政難を
強く物語っている様なお話・・・。
今、ブースケさんの州の大学の授業料は
どうなってる?留年が長くなると一部負担??
昨晩はうちに神戸のドイツシュ-レに子供2人を
行かせているオーストリア人男性が遊びに来ていて
神戸は生徒数が少ないので学校が今経営難に
陥っていて今にも倒れそうな学校の修繕費も出せない
状態との事。ドイツ政府からの援助も今は殆ど
ない状態で本当に大変みたい。
一番の被害者は、リンみたいにそこで学ぶ
学生達だよね。
【2007/02/25 08:39】 URL | mitzi #-[ 編集] | page top↑
学校大変なんですね~。でも、生徒さんが本来は心配しなくてもいい事で(先生が足りなくて相談する時間がない、とか)気を使わなくちゃいけないのは困りますね。しかも、相談できないから進めたら意見が合わないから・・・・・だと、変更とか大変そう・・・・・・・!無理して提出するよりはじっくりの方がいいのかもしれないですね(未経験なのでわかりませんけれど、提出期限とか延ばせるんですか?それとも卒論、かなり前から始めるものなんですか?)
【2007/02/25 09:02】 URL | Sette #MZqWOFlo[ 編集] | page top↑
mitziさん、


そうなんですよね。学費を導入して財政的には潤っていると思ったら半面で学生が少ない学部には容赦なく「切り詰め」です。
人気のある学部には奨学金だの最新の設備だのがあるのにね。

ミュンヘンの学費は今のところ385ユーロです。多分来学期くらいからは500、そして700、1000くらいまで上がっていくのではないでしょうか。
だからこれから留学する人にとったらどんどん高くなるわけです。
今でも奨学金とかバイトとかで学生やっている人も結構いるのに、これ以上学費が上がったら卒業も延びるだろうし、長引いた分学費がかさむし、悪循環。
【2007/02/25 22:20】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
Setteさんへ、

こっちの大学は時間割も自分で決めて良いし、良く言えば自由。だけど、半面方向性が分からなくて学部を何回も変更したりする迷える学生も沢山いるみたいです。

提出期間の延長は学部にもよるので一言ではいいかねますが、基本的に教授と大学の卒論担当部署が納得する理由があれば可能らしいです。
卒論はかなり前からはじめた方が良いに限りますね。私の友達なんか、卒論書き終わってから申し込みするって言ってました。だから、その後の試験勉強を早くからはじめられるそうな。。。
かなりやり手な人です。
【2007/02/25 22:24】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
へぇ…ぇ…学校側の都合でそんなことがあって良いのでしょうか…。
一生懸命頑張る学生のこと、もっと考えて欲しいような…。う~ん…。エールおくります!
【2007/02/26 19:50】 URL | Marinka Bambina  #-[ 編集] | page top↑
Bambinaさん、

それでもちゃんと提出する外国人学生はたくさんいるんですけどね。
教授との相性とかもあるだろうし、リンの場合は特に方向性を定めるのが難しいテーマだったので教授からのサポートなしはかなり辛かったと思います。

来学期に、もう一人の教授の下で申し込みしなおすそうです。
でも卒論見てくれる教授2人だけだから、今度の教授とは上手くいって欲しいと思います。
【2007/02/26 20:06】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
話を聞いてると、自分にできる気がしない・・・
でもまだ段階も踏んでないから、そう思うんだろうけど。
どっちにしても普通のゼミの論文と比べても枚数が違いすぎるよね。
それに内容とかもしっかりしてないとダメだろうし。うわー、恐ろしい!
とりあえず、先のことはあんまり考えずに今目の前にあるやつから、クリアしてかなきゃ。
それにしても、リンはかわいそうだね。
DaFって結構やってる人多いからお金もそれなりにあるんだろうと思ってたけどそんなことないんだねー。なんか本当に意外。
確実に私の学部のほうが少人数だと思うけど・・・先生達も最初のオリエンテーリングで小さい学部だからって言ってたし、それにドイツ人に学部名言っても、「なにそれ?」ってかなりの確率で言われるしなー。
それでもコピー代とか全然とらないから、それなりにお金持ってるのかな?
不思議なことはいっぱいだねー。
【2007/02/27 00:49】 URL | yuki #-[ 編集] | page top↑
yukiへ、

えー、コピー代なしなの????いいネェ。
私なんかコピー代のお陰で金欠状態だったよ。
やっぱり「これもいつか必要になるかも」とか思うと何でもコピーしちゃうんだよね。

それにしても教授2人でもケアが出来ていればいいんだけど、DaFは最初のオリエンテーションは最高だったんだけどね。
私もあのオリエンテーションとかトゥートリアルがなかったら今まで来れてなかったと思うよ。
卒論に備えたトゥートリアル又は教授の前に講師が指導とか、そういうケアも導入してほしいものだね。
【2007/02/27 10:20】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
授業中に配られるプリントは全然お金取られないんだよね。
しかも結構な量あるのに。
学部にもよるんだろうけど、コピー代を徴収したり、自分で授業の前に毎回コピーとか。
夏学期からはお金払うんだしそこらへんは大学がやってくれてもいいよねー!
自分のためだけに必要なやつはしょうがないと思うけど、授業で必要なやつは大学のほうで負担してもらいたいね!

確かにDaFはGrundstudiumのチューターだけは充実してるよね。中間試験用の直前ゼミ的なやつもあるんでしょ?それなのに、卒論のときになって突き放すってのは考え物だよね。
【2007/02/27 15:03】 URL | yuki #-[ 編集] | page top↑
yukiへ、

そういえば、前に「授業の発表で配るプリントのコピーは学校が持つべき。」と先生にコピー代を要求している人がいた。
その子の主専攻は分からないけど、多分yukiの学部のように「プリントはタダ」な学部だったんだと思う。

私の主専攻は全て自分、授業用のプリント集は自腹で買うし。副専攻も「ファイルに入っているプリントは自分でコピーしておくように」って感じだったからねぇ。

DaFは最初のチューターだけでなく、卒論とか論文のチューターもあるんだけど、いわゆる「フォーマットとか資料調べ」のためのコースなので、教授の指導とは程遠いんだよね。
【2007/02/27 16:44】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/145-01180aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。