スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ドイツ人主婦達との夕べ -クリスマスリース作り-
去年デビューした「クリスマスリースを作る会withドイツ人熟年ベテラン主婦達。
今年もお邪魔しちゃいました~♪
去年の様子はこちらから→ クリスマスリース作っちゃいました。Weihnachtskranz

去年は初めての参加という事で、皆さんの写真も撮れなかったんですけど、今年は食事シーンもリース作りの場もパシャパシャ。

早速GO!

ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。banner_02.gif



まずは軸になる輪にちょっとずつ葉っぱをのせていきます。ワイヤーでぐるぐる巻いて固定。

advent1.jpg



advent12.jpg


この作業場、実はキリスト教系の学生寮の中にあります。ここの作業場を使わせてもらって、仲の良い主婦たちで普段は陶芸をやったりしているそうな。

advent3.jpg


さてさて、今年は写真撮らせてもらっちゃったもんね♪
左側から、娘さんがアメリカに住んでいて、毎年アメリカ産の可愛い小物をリースに飾っているゲルリンデさん。

真ん中は、桃井かおりをドイツ風にした感じ。ウシさん。(この名前ドイツでは普通)ピリ辛なコメントと芸術性溢れる作品が特徴。

一番右がオクトーバーフェストで日本人に遭遇したエリザベスさん。
ワインを御馳走してあげたら、お礼にスルメを頂いたそうな。。。
でも、あまりの臭さとしょっぱさに、彼らが去ってから口から出したそうな。
あの海の匂いは、やはりドイツ人には慣れなかったのね。

advent2.jpg



こちらは、皆が持ち寄った「冷たい夕飯」。
さすが熟年主婦達、どこのパンやハム、チーズが美味しいか心得てます。
ふむふむ、メモするブースケ。

advent5.jpg



advent6.jpg

じゃじゃーん!義理ママ登場です!パンを食べた後の口が梅干しになってる。。。


ここで、リース作りのベテラン。熟年主婦達の作品を御紹介いたしましょう。

advent7.jpg



こちらは義母の作品です。たっぷりと緑を使って、赤い実がアクセントになってますね。

advent8.jpg



advent9.jpg


↑この長いのもゲルリンデさん作。テーブルの上に垂らすらしいです。
どんなに立派なテーブルなんだろう。

CIMG4216.jpg



↑またもやゲルリンデさんの作品。一体いくつ作ったんでしょうね。(笑)
これは半分づつ違うデコレーションで面白いですね。
やはり、こういう工夫が出来ちゃうところが手作りリースの醍醐味です。


CIMG4198.jpgCIMG4197.jpg






このリースはウシさんの作品。ミニりんごや、松ボックリなどの飾りがいろいろついていて、素敵。センスがいいですね。
彼女は旅行する先々で葉っぱやら貝殻やらを集めていて、そのコレクションで小物を作ったりするそうです。

ここに集まった主婦達、皆さんが兼業です。
皆さん忙しい中、毎年こうやって自宅用、両親や子供用にリースをたくさん作ってるんです。

面白かったのが【旦那への愚痴】。「ブースケは結婚したばっかりだから聞かない方がいいわよ。」と言いつつ、「後10年くらいしたら分かるわ。」といろいろな愚痴為になるお話を聞けました。
強そうに見えるドイツ人女性も、結構耐えてるんですねぇ。


そして、最後に今年のブースケ作品です。

まず、ドアに飾るリースから。
ポイントは「エンジェル・ヘアー」。金色のもじゃもじゃを織り込ん
で、金色の枝もポイントに、後はつげの木のみでまとめてみました。


advent14.jpg


お次は室内用のクリスマスリース。
3種類の緑を使って、赤い実と金の枝でポイントをつけて。

busukekranz.jpg



これだけだとちょっと寂しかったので。。。
ドライ・オレンジスライスとシナモンもプラスしてみました♪
出来上がりはこんな感じ☆





advent13.jpg


今回はクリスマスリース作りでした。次回はヴルツブルグ旅行のレポートです!人気ブログランキング参加中。気に入ってくれた方、ブースケに応援のポチリをbanner_02.gif



手作りクリスマスリースに挑戦したい方はこちらを参考にしてみては。。。

クリスマスリース―やさしく作れるリースでクリスマスを100倍楽しくする! クリスマスリース―やさしく作れるリースでクリスマスを100倍楽しくする!
斎藤 勝子 (2003/10)
辰巳出版
この商品の詳細を見る


【2006/12/08 08:27】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(1) | コメント(20) | page top↑
<<Wuerzburgの古城ホテルとラブディナー | ホーム | 頂いてばっかりで。。。>>
コメント
ああ、いいなぁ、私、こういうクラフトつくり大好き。まじで、ウチが近かったら、一緒に参加したかったですよ。いいなぁ。このあたりじゃ、クラフト仲間もいないし、ひとりでつくるのもね、つまらない。やっぱり、皆でわいわいやるのが面白いのよね。

ほら、いっぱい、ご馳走ももちよりで。。。ダンナの愚痴とか。(ははは、やっぱり、女同士あつまると、これは絶対でるねー。)

そうかぁ、スルメね。やっぱり、ショッパすぎ。。。干物は塩、強いものね。そういえば、クルーズでも義兄の嫁のドイツ人の方、ウタさんと一緒になったけど、彼女もアメリカの食べ物はどうしてあんなにしょっぱいのと嘆いておりました。その前で堂々と塩をかけて食べているウチのダンナ。まじで、高血圧で死ぬよと言われておりました。(爆笑)私も気をつけなくちゃ。

ウチの好きなのは、最後のドライオレンジとシナモンスティック、いいね、これ。ほら、フロリダもオレンジで有名だから、こういうのつくってみたいわー。でも、みんな、どれも、素敵。

【2006/12/08 03:56】 URL | Cha CHa #-[ 編集] | page top↑
皆さん器用ですね~。どれも素敵でした。busukeさんの、形きれいでオレンジスライスが華やかです♪時間って作るもの。忙しくてもこういう時間、作れる余裕が欲しいなあ。
旦那様の愚痴、やっぱつきものですかね(笑)ドイツの方って・・・・論理的に文句言いそうな気がする・・・・・(と私は思い込んでいる・・・・)笑
仲良しのみなさんと話しながら作られるリースは、楽しさも織り込まれていい表情になるんでしょうね。
【2006/12/08 15:16】 URL | Sette #MZqWOFlo[ 編集] | page top↑
busukeさん、じょーずー。
さすが熟練おば様方からの直伝だけありますね。
私もリース、作らなきゃ作らなきゃと思いつつ、なんせほら、グータラなもんですから、毎年パスしちゃって、市販のものか、あるいはお盆に緑の枝とお飾りをのっけただけになってしまうんです。
最後に作ったのなんて、もう5~6年前になってしまいますよ。

義母様おいしそうにお食べになっていますね。
「お口が梅干」って表現、言いえて妙。
【2006/12/09 01:44】 URL | phary #-[ 編集] | page top↑
こう言う素敵なリースって日本だと
材料揃えるのも大変だし、高価だし
羨ましいわ~~^^私はお世辞抜きに
最後のブースケさんのオレンジとシナモン付き、
一番素敵だと思ったよ!
あの、なが~いリースをテーブルに垂らしている所、
どう言うテーブルセッティングになるのか
是非是非見てみたいです!
【2006/12/10 02:36】 URL | mitzi #-[ 編集] | page top↑
はじめまして。コメントさせていただくのははじめてですが、来年からフランクフルトに住むと決まってからはずーっとブログを読ませていただいていました。過去の記事で特に参考にさせていただいたのは、

ドイツ語の習得について → 私はこれからがんばります
韓国人のお化粧の上手さ → 見習いたい!
クヌーデル → 大好きなんです
手巻き寿司のネタ → 日本のカルテスエッセンですね、ドイツでも作りたいです

などなど、数え切れず。本当に楽しく役立つものばかりです。今度、関連記事を書くときにトラックバックをさせていただいてもよろしいでしょうか?

リース作りがとても楽しそうなので、来年は私もやってみようかと思いました。ドイツ人熟年ベテラン主婦達の知恵って素晴らしいですよね。
【2006/12/10 14:00】 URL | ラケル #-[ 編集] | page top↑
う~~~ん、直伝のリース凄いですね~~~。
みんなで作るとやっぱり楽しいですよね!?
ウチの工作好きの奥様はすぐにハマってしまいそうです(笑)
ドイツのことはドイツ人に聞くのが一番!
僕もそうやって美味しいレストランを調べていますから(笑)
busukeさんは、しっかりドイツ人を楽しんでいますね~~~。
【2006/12/10 22:14】 URL | バート #-[ 編集] | page top↑
Cha CHaさん、

いつものことながら、ご近所だったらよかったのに。。。
私もCha Chaさんみたいなご近所さんがいたら、遊びに行きまくってそう。
ドイツ人の味の濃い味付けにも、するめは勝ってるってことでしょうかね。(笑)
せめて家で作るときは気を付けてますけど、、、やっぱり塩分心配ですね。

【2006/12/11 00:25】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
Setteさん、

皆さん、義母のお友達とかそのまた友達で、なごやかでしたよ。
綺麗なリースはお店でも買えるけれど、(しかも最近は安く買えるリースも出回ってます)やっぱり自分で作ったのだと愛着が湧きますよね。

論理的に文句を言うドイツ人。。。確かに、イメージ的にはそんな感じですよね。(笑)
今回は理論抜きで愚痴ってる主婦達の、【本当の顔】をちょっぴり垣間見れたような気がします。
【2006/12/11 00:29】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
pharyさん、


【お盆に緑を載せた飾り】、義母もやってました。
リースって緑の調達、場所も取るし、飾りも用意しないといけないし。。。と本当に手間暇かかりますよね。
今回の集まりは何か足りないときは他の人達が持っている飾りをくれたり、交換したりしていて、本当に助け合いリース作りでした。
私はもらってばっかりでしたけど。。。
来年こそは、いろいろな飾りを持っていって、皆さんにプレゼントしてあげたいと思います。
【2006/12/11 00:33】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
mitziさん、

わーい、お誉め頂いて光栄です♪
このリース、実は、、、最初と最後の部分は義母が手伝ってくれてるんですよ。

この材料の緑はほとんどが、みんなの庭から切ってきた枝やらなんやらです。
「このリース作りの為にツゲの木を植えた」って人もいますからね。気合いの入りようがすごい。

ながーいリース、私も完成図を見てみたかった。きっと、素敵なテーブルセットになるんでしょうね。
【2006/12/11 00:37】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
ヨーロピアンにとってクリスマスってやっぱりとっても大切な伝統行事なんですね。
リース、とっても素敵。なんでも手作りするところ、スウェーデン人にもよく見受けます。
あとは冷たい夕食。これって日本人にはかなり辛いと思いませんか?
といいながら、数年も経つとすっかり慣れて平気で子供たちにも食べさせているのですが・・。共働き社会のなせる業だと友人と話してました。
お義母さま、お若いですね。いや・・・Busukeさんが若いからか。(苦笑)
いずれにしても、こういうの、習っておいて損はないです。毎年恒例になるよう、頑張ってくださいね!
【2006/12/11 00:40】 URL | minako #-[ 編集] | page top↑
ラケルさん、

初めまして。コメントどうもありがとうございます!
来年からフランクフルトなんですね。
準備の方大変だと思いますけど、渡独に向けて頑張って下さいね!
来年はクリスマスの準備できっと大忙しですね。

役立つ情報をお伝えしたいと思いつつ、結構日常の報告日記みたいなブログですけど、よかったらまた遊びにきてくださいね。
トラックバックの件はOKですよ。
【2006/12/11 00:40】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
バートさん、

「ドイツのことはドイツ人に聞くのが一番!」。これは確かに!!!

でも、駐在の奥さま達の情報のすごさ!!!
いろんなお店情報などを豊富に持ってらっしゃるので、日本人主婦の情報量にいつも感心しまくりですよ。

【2006/12/11 00:44】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
minakoさん、

こういう伝統行事、次の世代にもどんどん伝わっていってほしいですね。
最近は、安いリースも出回っているし、時間がないので買う人が多いですけど、良い機会に恵まれたと思ってこれからも出来るだけ続けたいと思ってます。

実家の祖父は日本でお正月のお飾を作っているんですけど、いつか日本に帰っているときは、そっちの方もお手伝いして学びたいな。。と。
【2006/12/11 00:47】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
すごい、ステキステキ!これはブースケさまのオシャレハウスにピッタリですね。
写真で詳細に過程が見られるのも面白い・・・。やっぱりブログっていいですね。
わたくしも教会行事のおつきあいで一個作りましたが、飾りつけが全くできず、全部教えてもらっちゃいました。エヘッ。
【2006/12/12 03:50】 URL | mikisuke-th #-[ 編集] | page top↑
mikisuke様、

ミキスケ様も経験済みだったのですね。リース作り。
飾りつけはやっぱり難しいですね。私も義母のアドヴァイスをもらったりしてやっと完成した感じですよ。

12月に入り、ミュンヘンはまたもや寒いモードに入ってきました。週末はちょっぴり雪もまた降ってたんですよ。
願わくば、ホワイトクリスマスってところでしょうか。

【2006/12/12 03:59】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
あれれ…数日前にコメント書いてたんですが、ななない…。
気を取り直し…

busukeさんのblog、とっても賑やかで拝見していてこちらもかなりhappyモードになります!写真の様子も楽しそう。
busukeさん作のリースもとっても素敵。あと、リースの半分がミニサンタ…のリース、これも面白い!
クリスマスリースを手作りするっていいなぁ。

私は一人暮らしの時に1人で手作りして、1人でクリスマスツリー飾って、ベランダにライトを点灯して1人クリスマスを楽しんでいたのですが、ここ数年は何もしていません…。
来年こそは新居で、busukeさんのようにお友達や家族を招いていろいろイベントごとをしたいなぁ。

楽しいクリスマス準備の様子を見せてくださってありがとう!
【2006/12/14 22:58】 URL | Bambina #-[ 編集] | page top↑
Bambinaさん、

たぶん、他の記事のところにコメントくださったんだと思います。
一人暮しでもクリスマス準備をちゃんとしていたなんて、bambinaさんすごいですねぇ。
我が家は子供もいないし、今までクリスマスの準備もちゃんとしてなかったんですけど、最近は義母の影響もあってちょっとづつクリスマスしてます。

今のところちょっと時間がないので、次はヴルツブルグ旅行、そしてその後にクリスマスクッキーの記事を書こうかと思ってます。。。とりあえずクリスマスまでには、完成させないと。

Bambinaさんの今年のクリスマスはどんな感じでしょうか?
ワーキング・ワイフとしていろいろ大変でしょうけど、またそちらの様子も報告してくださいね。楽しみにしてまーす!
【2006/12/15 10:55】 URL | busuke #-[ 編集] | page top↑
Busuke さんのリース、すごくセンスいいですよ!ステキ♪
ドイツベテラン主婦に混じってリース作りなんて、そこらへんのドイツ人よりドイツ人してますよ。こうやって、ステキな風習をBusukeさんも受け継いでくれて義理のお母さんもきっと嬉しいでしょうね!
【2006/12/16 17:05】 URL | kaolu #6XgfrXVk[ 編集] | page top↑
kaoluさん、

ありがとうございます♪
リース作り、まだ2年目の新米ですけど、ちょっとずつでも進歩していけたらなぁと。
義母のお陰で、ベテラン主婦のサークルに入れてもらえて本当に感謝感謝です。
kaolu さんは日本でのクリスマス、どう過ごします?
【2006/12/17 09:41】 URL | busuke #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://busuke.blog54.fc2.com/tb.php/124-4ad08d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
クリスマスプレゼントランキング 子供
クリスマス人気プレゼント情報満載!今話題の人気プレゼントや限定品が見つかります。彼氏・彼女への喜ばれるプレゼントをランキング紹介!思い出に残るクリスマスプレゼントを! クリスマスプレゼントランキング 子供【2006/12/17 23:38】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。