スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ストの影響
どうやら、ルフトハンザが来週月曜から木曜までストライキに入るらしいです。
ルフトのパイロットは他の航空会社と比べて、割と良いお給料をもらっているらしい。

2001年には6、5%の給料アップをゲットしたらしいし。。。
でもやっぱり権利は主張しないとっ。。。と言う事なんでしょうかね。

それにしてもねぇ~、経済危機だの何だの叫ばれているこのご時世にストは結構強行だと思う。
何でも「ルフトハンザはじまって以来の」大きいストになるらしい…とか何とか。。。

で、来週木曜から実は私も日本帰国する予定だったんですけど、飛ばないかもって。

着いてすぐ予定も入れてあったので、それは困る。非常に困る。
遅らせる訳にはいかなかったので、出発を早めるしかないっ。
日本に出張中の上司に急いで休暇の延長を申請して。。。


結局、私明後日には飛ぶ事になりました~

出発が早まったもんで、お土産買うのに大忙し
明日は買い足しのお買物に街中へゴー!。。。で、後はひたすらパッキングあるのみですっ!
それでは、行って参りま~す!
スポンサーサイト

【2010/02/20 00:21】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ウィーンで芸術
ウィーンでケーキばっかり食べてたと思われるのはなんなので…
。。。と言うか、大体は当ってるけど(爆)。。。

けれど、少しは芸術も堪能したんですよ~!



。。。って所をアピールしたくって、追加記事書いてみました。エヘっ

ブースケのワガママでカフェ巡りした後は、ミニーのリクエストでプチ芸術ツアー
二人が向かったのは、こちら。いくつかの美術館、博物館が建ち並ぶミュージアム地区(Museum Quarter)

P1070652.jpg

この中のレオポルト美術館でムンクの展示会がやってたのです。
ムンクと言えば、やっぱりこれですよねぇ~。『叫び』←クリックするとWikipediaのページが開きます。

でも、ノルウェー出身の友達から聞いた所によると(メディアでもかなり報道されてましたけど)、オスロ美術館に展示してあった『叫び』って数年前に白昼堂々と盗まれたんですよね。
その後無事に発見されたらしいですが、損傷を受けてしまったとのこと。残念。

今回の展示会で観られたのは、色彩画ではないスケッチの『叫び』。
ムンクの作品以外にも、レオポルト美術館ではオーストリア人画家エゴン・シーレやグスタフ・クリムトなどの作品が展示されています。

そして、次にちょっぴり芸術堪能ツアーで向かった先はっ!こちら。
オーストリア国立図書館!
P1070658.jpg

ご存じない方も多いと思いますが、ブースケ、実は図書館ファンなんです。
かな~り昔に書いたマニアックな記事をどうぞ→ミュンヘンの図書館


この国立図書館の大広間にあるプルンクザールプルンクPrunkは「華麗さ」、「煌びやかさ」とか「豪華絢爛」という意味。
名前に劣らず立派な造りです。中はこんな感じ。
P1070665.jpg
約20万冊の歴史的な蔵書が保存されてます。
この、階段とかがタマラないっす。
う~、登りたい!。。。という衝動を抑えつつ、図書館独自の厳かな雰囲気(何となく教会に通じるものがあると思う)を堪能しました♪
P1070661.jpg
あとね、こういう隠し扉?っぽいのがあると、気になっちゃうの。
どこにつながってるの~?みたいな。
P1070676.jpg

結局、ただ単に上の階の本棚の後ろに出たりするだけなんだけどね。
P1070677.jpg
P1070664.jpg


おっ、地球儀???と思って良く見ると…星座儀?でした~。
P1070675.jpg
天井のフラスコ画。
P1070663.jpg

教会もそうだけれど、こういうピンっと張りつめた緊張感のある所に行くと気持ちが引き締まる気持ちになりますね。

【2010/02/18 21:17】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。