スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブルーベリー再び!
前回たっぷりと採ったはずのブルーベリーは結局。。。

ブルーベリーマフィンとなり。。。
heidelbeeren3.jpg


ブルーベリーチーズケーキとなり。。。
義母作なんだけどね
heidelbeerenkuchen2.jpg

ブルーベリーベーグルとなり。。。
あ、「ベーグルなのにしわしわしてる」とかは言わないでね。
ハイ、見事失敗しちゃったのです、ベーグル!
chiblits隊長、どうやったら隊長のように丸々つるつるなベーグルが出来るのでしょうか。HBなしの我が家では難しいのでしょうか。。

heidelbeerenkuchen1.jpg


そして何ちゃってジャム+シロップとなりました。
このシロップ、炭酸水と混ぜて飲むとブルーべリージュースになって美味しかったです。

ジャムは手作りヨーグルトと混ぜて朝食となり消えて行きました。

そしてこちらは一緒に行ったお友達作のフルーツケーキ(右)とブルーベリーレアチーズケーキ(左)♪
こちらもとぉ~っても美味でした。

kuchen1.jpg



。。。なので、また行ってきちゃいました。。。
懲りない。

今回は前回よりも少なめ。。。
だけど木いちごも摘んできたのでまとめて「ブルーベリー木いちごジャム」を作ってみました。
そして、冷凍してアイスのように食べていたブルーベリーも底を突いて。。。
テディ曰く。。。
もっとほしーい!
とのこと。



kuchen2.jpg


。。。って言うか、この1ヶ月でブルーベリーの消費量が半端ないと思うんですけど。。。


人気ブログランキング副作用とかってでないのかしら。
今度は控えめに500グラムくらいで。ってもう行く気満々だし(笑)banner_02.gif


スポンサーサイト

【2007/07/26 19:12】 | お料理、美味しいもの | トラックバック(1) | コメント(12) | page top↑
改札戦隊ブースケジャー出動!
最近見つけた面白占い。

ブースケレンジャーを占ってみました。

名づけて改札戦隊ブースケジャー

説明にはこう書いてありやす。。。
改札戦隊ブースケジャーは思いを寄せる人を奪われたので時々死と隣り合わせでいるのだ!
ちょっと中途半端な説明です。


隊員
夢は女子校教師ですブースケレッド!
かなり背が高いブースケブルー!
寝付きが悪いぜブースケグリーン!
グラタン大好きブースケイエロー!
おしゃべり大好きブースケピンク!


…って言うかこれで世界の平和を守ることが出来るのでしょうか???


敵は。。。
宿敵暗黒窃盗団ソルユレス


窃盗団っていうところがスケール小さいです。せめて、悪の大王とか、もっとこうドカーンとしたのが良かったわ。

合体決めゼリフ はいはいやりゃいいんでしょ!

うーん、やる気なさすぎ!!!


テーマソング
伏せろ!垂れろ!契らせろ!
博士の奥さん怪人とできてる
いつも激しくペットに甘く
友のために出動するぜ

や・り・な・お・せ(こっちそっち)
や・り・な・お・せ(それはそれとて)

明日の希望を守るため
(実はお菓子のため~)
明日の希望を守るため
(実はお菓子のため~)

ブースケジャーはイタズラ大好き
ブースケジャーが平和を守る



実はお菓子のために世界を守るブースケジャーでした。
皆さんはどんなレンジャーでしょうか。
お試しあれぃ♪

他にも自分の脳内が見れる占いやら、自分の都市、高校、相撲部屋などなどいろいろと楽しめます。

http://maker.usoko.net/

人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif



【2007/07/24 12:46】 | 面白サイト発見♪ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
最新ナノテクノロジー (nanotechnology)!
皆さんは、コンピューター上の矢印の先っちょがどうなってるのか、興味ありません?

最新の*ナノテクノジーの研究によって、この謎が遂に解かれるんです!!!
こちらをどうぞ。

*ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm、1 nm = 10-9m)の領域において、自在に制御する技術のことである。(wikipediaより)


http://www.1-click.jp/

コンピューターによってはロード時間がかかるかも。

【2007/07/22 12:36】 | 面白サイト発見♪ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ブルーベリー狩り
近所にあることは知ってはいたけど、今まで行った事がなかったブルーベリー畑


週末に一緒に行こうと誘ったら、「中腰で摘むなんて、腰が痛くなる!」と言う爺くさいテディをおいて、今日は友達と3人で狩ってまいりました。

行ってみたら、かなり近くてびっくり。自転車で5分でした。

入口で持って行ったタッパーの重さを計ってもらって、最後に摘んだ分の料金を払うだけ。そして、魅力的なのが、中で食べる分には無料♪

もう、食べまくりましたってば。

でも、これって日によって当たりはずれがあるみたいです。
解放されている部分が日によって変わるので、毎日こんなに豊作というわけでもなさそう。

家のエレベーターで一緒になった一家は「昨日行ったけど、こんなに大きな実は取れなかったよぉ」と私のパンパンに膨らんだ袋を見て嘆いてました。


さてさて、このベリー達、帰ってきてから早速ジャムに変身しました。
最近はまっているカスピ海ヨーグルト(pharyさん、ついにご近所に分けてもらっちゃいました♪)とあわせていただいてまーす♪

義母にもおすそ分けしたので、これでケーキ作ってくれないかなぁ。

heidelbeeren2.jpg


残った分はひとまず冷凍してありますけど。。。生で食べても美味しいので、また来週あたり行っちゃおうかしら。。。

【2007/07/20 03:10】 | お料理、美味しいもの | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
懐かしのトランスフォーマー
むかーーーし、アニメで「トランスフォーマー」ってやってましたよね。誰かご存知の方いらっしゃいます?

ブースケは幼少時代、男の子が観る番組も好んで観てました。
なので、学校でも「ナイトライダー」やら、「ギャラバン」やらの話題についていけちゃって、男の子の友達の方が多かったかも。


そうそう、その懐かしのトランスフォーマー。
今となっては内容とか全然覚えてなくて、
「そう言えば、車の宣伝でこんなのがまた出てきてたなぁ。」くらいにしか思ってなかったんですけど、、、

ここへ来て、テディも昔はトランスフォーマーファンだったことが発覚。
しかも、トランスフォーマー実写版の映画も出来ているらしい。


そんな話をしていたら、テディがまたもやこんな面白画像を見つけてきちゃいました。



これ、リアル・トランスフォーマー。実写版よりすごいのが、イヴェントでファンの人達が手作りのコスチューム着てるんです。
手作りのコスチュームの枠を超えて、本当に車輪がついてて、走れたりするそうな。。。
すごくよく出来てます。ご覧あれ。

人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif


【2007/07/17 20:56】 | 面白サイト発見♪ | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
青い海とダイバーの死
さて、残すところ後一日となったマルタ旅行。
帰国の前日なのに、またもや遠出してコミノ島に行ってまいりました。

この記事から読み始めた方へ、今までのマルタ旅行記です。

国外逃亡の日々
マルタのお食事事情
マルタ旅行記 -マルタバス&アウラ編-
マルタ旅行記 -ゴゾ島ツアー編-
マルタ旅行記 -青の洞窟と魚市場編-
マルタ旅行記 -新・旧首都編-


コミノ島はマルタ共和国の一番小さな島。
有名なのはブルー・ラグーンという青い潟。
小さい島なので、ゴゾ島とコンビでツアーが出ていたり、単品では個人でフェリーで行く方法があります。 私達は節約モードでフェリーで行ってまいりました。

フェリー乗り場に着くと、明らかに分かりやすぅ~い日本人の男の子3人組が。
話しかけてみたら「え?日本人なの?」的な反応。やっぱり日本人から日本人にみられないブースケでした。グスン。

こちら、途中の海の色。引き込まれそうな青
bluelagune.jpg


目的のブルーラグーン。すごく澄んだお水です。
bluelagune2.jpg


コミノ島は全体的に岩なので、砂浜のビーチは猫の額程度の広さです。
しかも、観光地なもんだから、ここに来る人も結構多いんだよね。 bluelagune3.jpg



結局、↓の写真のような感じになってしまう。 ちょっと残念でした。

bluelagune4.jpg


結果、泳ぐのには良いけれど、砂浜でゆっくりは無理

狭い砂浜に所狭しとタオル広げて寝そべる観光客の間を縫いながら歩いてましたから。
続きは…悲しい出来事です。暗くなっちゃうので、パスしたい人はここまで。

人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif


続きを読む
【2007/07/15 22:28】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(21) | page top↑
マルタ旅行記 -新・旧首都編-
皆さん今日は。
最近のミュンヘンは時々そしてまた
こうも降られると、気分が滅入りますねぇ。

さて、気分転換に今日もマルタのバカンス・シリーズです。(って他にネタがないだけ)
この記事から読み始めた方へ、
今までのマルタ旅行記です。
国外逃亡の日々
マルタのお食事事情
マルタ旅行記 -マルタバス&アウラ編-
マルタ旅行記 -ゴゾ島ツアー編-
マルタ旅行記 -青の洞窟と魚市場編-

マルタの現在の首都はValletta
Vallettaは街全体がユネスコの世界遺産に指定されている、歴史ある美しい街です。

435px-Aerialviewvalletta.jpg

Source: www.maltavista.net (Originally from en.wikipedia)
空から見ても分かるように、ここは要塞都市。そもそも16世紀頃にオスマン帝国による再度の来襲に備えて作られたそうな。

第二次世界大戦時には大きな被害を受けたそうですが、未だにマルタ騎士団時代からの建物が数多く残っています。

そんな歴史ある建物の一つ、ヴァレッタの観光名所はこちら。聖ヨハネ准司教座聖堂・博物館 (ST. JOHN'S CO-CATHEDRAL AND MUSEUM)昔は騎士団の聖堂だったそうな。
中はこんな感じです。Valletta.jpg

残念ながら内装工事中で、ゆっくり見学は出来ませんでした。

Vallettaの街は坂道、階段の多い作りになっていて、ヒールのある靴ではかなり疲れそう。大きさはそれ程でもないんですが、階段の上り下りが辛かった。
Valletta2.jpg

Vallettaに行った日は特に暑かったので、この坂道と人の多さでクタクタになりました。


さてさて、現首都の次は旧首都イムディーナ(Mdina)です。
イムディーナは石造りの建物が素敵な街。
ヴァレッタとは対照的に、人が少なかったのがグーでした。
Mdina6.jpg


入り組んだ路地の向こうを見てみたくなります。
Mdina1.jpg


イムディーナで出会った猫ちゃん。
かなり観光客慣れしているようで、動じません。
neko1.jpg


壁の色にお花が映えます。
Mdina2.jpg


この建物、現在は銀行として普通に営業してます。

Mdina4.jpg

入り口のドアといい、その上の花飾りといい、うっとりしてしまいますねぇ。

Mdina5.jpg

イムディーナには現在でも約300人の住人がいるらしいですが、この日は日曜日だったからか、特に人気がない。。。


、と思っていたら、何でも、イムディーナの観光名所、聖パウロ大聖堂(St. Paul's Cathedral)で結婚式が行われていたそうな。

なので、大聖堂には入れませんでした。無念。


Mdina7.jpg



さてさて、長々と続いているレポートですが、いよいよ次回で感動の最終回です。
夏なのに冬のコートを着ている人もいるミュンヘンから、バカンスレポートでしたぁ!
人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif

【2007/07/11 19:06】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
マルタ旅行記 -青の洞窟と魚市場編-
皆さん、ご存知でしたでしょうか。少なくとも私は知りませんでしたけどね。

マルタ島にもあるんです。。。青の洞窟が。

本場のカプリのは観たことがごじゃいませんが、観光名所だし、バスで行ってまいりました。

こんな船に乗ってツアーします。船ツアーのお値段は一人5リラ。日本円で約2000円なり。


おっさんと犬が気持ち良さそうに泳いでいるのを横目で見つつ、出発!

blaueglotte3.jpg


途中で船が妙に岸に向かって迷走していると思ったら。。。
な、なんと
13歳くらいの英観光客の娘さんが運転してました。
ツアーのおっさんは、と言うと…

携帯でおしゃべりしてるし!!!



blaueglotte.jpg


途中ハラハラではありましたが、何とか方向を持ち直して青の洞窟へ向かう一行。

こちらが噂の「青」でございます。
透き通る水に引き込まれそうな程の青。

blaueglotte1.jpg


この洞窟見学、光の具合によるので午前中に行ったほうが良いそうです。
blaueglotte2.jpg


本場の「青の洞窟」に行った事のあるテディ曰く、
「本場の方がライトアップとかされていて商業的」とのこと。しかも、入場料とかもお高く、観光客がたくさんいるのでゆっくり観られないとのこと。


こちらはマルタ島の西にあるマルサシュロックという町にある魚市場です。
Fischmarkt1.jpg



それにしてもこの暑さ(30度くらいかな?)で氷もなしに魚が売られているのがテディにとってはショックだったようで。
「ここでは魚は食べないぞ!」と変な意地を張っておりました。

一方ブースケは。。。

「こういう気味悪い魚に限って美味しかったりするんだよなぁ」と、頭の中は食べ物のことばかり。
どなたか、この魚の名前知ってる方いませんかぁ~?
食べるのは好きでも、魚知識は全くないブースケでございます。

Fischmarkt2.jpg


魚市場の延長には普通の市場もあって、衣類やペットなども買えちゃう。写真は、市場で見つけたお花で埋まっている車。

Fischmarkt3.jpg


次回は旧首都、Mdinaの美しい風景をレポートしますね。

人気ブログランキング参加中 気に入ってくれた方、ブースケに応援のポチリをbanner_02.gif


【2007/07/07 14:50】 | 旅行 Reisen | トラックバック(1) | コメント(17) | page top↑
マルタ旅行記 -ゴゾ島ツアー編-
マルタ島の次に大きいゴゾ島

ゴゾは大きくてレンタカーでないと回り切れない」とツアーのオネェさんに言われ、ブースケ一家は「ゴゾ島、サファリツアー」なるものに参加することにしました。

このツアー、一人58ユーロ(約9800円)。
お昼とフェリー料金込みの一日ツアーでございます。
街中のツアー会社で申し込んだ方がよっぽど安かったんだけど、保険が付いてなかったり、追加料金がかかったりするツアーもあるらしいので、まぁしょうがないか。

Gozo1.jpg

こんなジープで出発!このままフェリーに乗って、ゴゾ島をドライブします。

ツアーのガイドのおっさんは、ドイツにも4年くらい住んでいた事があったそうで、ドイツ語もペラペラ。英語、フランス語、イタリア語も達者らしく、さすがに日本語はナイだろう。。。と思っていたら
「こんばんは!」と言われてビックらこいた。
何でも、仕事で一ヶ月前に日本に行ったばっかりだそうな。
「六本木サイコーね。」って、言ってました。。。

ゴゾ島の観光スポット、ドウェイラ湾 (Dwejra Bay)。自然が創り出した雄大な景色にほーっとなる。

写真はアズレ・ウィンドウ (Azure Window)。海の侵食によって出来た大きな岩のアーチです。
窓というよりは、門っぽいと思うのは、私だけでしょうか。このままだと侵食が進んで、いつかは壊れてしまうらしい。
今のうちに写真をパシャリ。


goyo2.jpg


gozo.jpg


やっぱり島国だけあって、海水からの製塩が盛んらしい。
ツアーで一緒だったスコットランドのカップルに「スコットランドでも海塩作ってるの?」と聞いたら、ドイツと同じ岩塩を使っているそうな。スコットランドのスーパーではこの「マルタ塩」が高値で売っているらしい。


salz.jpg

原始的に見えるけど、ちゃんと塩が出来てます!
Gozo2.jpg


ゴゾ島最大の街(と言うか、地区)ヴィクトリア。高台には城塞チッタデルがそびえ立ちます。門をくぐると、大聖堂が見えますねぇ。
gozo4.jpg


城砦の上からの眺め。
gozo5.jpg


ごっつくて、高い外壁だけども、お花が咲いて可愛い部分がありました。
gozo6.jpg


一日中、ジープに揺られた一日ツアー。
夕方、ホテルに到着した時にはもうクタクタです。自分ではたいして動いてもいないのに、疲れたぁ!
お陰様でこの夜はかなーーりグッスリ眠れました。もちろん、卒論の夢も見ず。


人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif

【2007/07/05 07:52】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
マルタ旅行記 -マルタバス&アウラ編-
LocationMalta.jpg

Chiblitsさんから「場所が分かりにくい」とのご意見をいただきましたので、マルタの位置が分かりやすい地図はっておきます。確かに、マルタ島の地図だけだと、どこにあるのか分からないですね。Chiblitsさん、ご指摘どうもありがとう!

イタリアが足で、シチリア島がイタリアに蹴られているボールだとしたら、マルタ島は「ボールの側に転がっている小石」。。。だそうな。


マルタは人口僅か40万人、面積は淡路島の約2/3やら、東京23区の約半分位の大きさやらと言われております。

これだけ小さい国の一番大きな島、マルタ島はバスの路線が充実していて、レンタカーを借りなくてもバスで十分まわれます。
私達は最初に5日間チケット(5リラ、11ユーロ、2千円)を購入して、バスでいろいろな街をまわりました。

これがマルタバス。カラフルで入り口ドアがついてない、又は開けっ放しなんです。
Malta_Bus2.jpg


とっても高いガソリン」が入っているそうな。
bus2.jpg



これがバスの中。冷房がないので、窓からの風だけが頼りです。
Malta_bus3.jpg



私達が泊まっていたQAWRA(アウラ)のあたりではとにかく建築ブームだったみたいで、建てかけのマンションがかなりありました。面白いのが、このマンション、青田売りしているみたい。(建物が完成する前に、マンションなどを販売すること。未完成販売ともいうらしい)しかも、本当に「未完成売り」。
1、2階にはもう人が住んでいるのに、3,4階はまだ工事中でバルコニーも完成してない建物とかあって、ビックリ。

こちらはアウラで見つけた「薄っぺらいマンション」

qawra3.jpg


海を見ながらの散歩道。
qawra2.jpg


ここがアウラの中心地、ブジーバー広場。ここら辺にレストラン、お土産屋さんが集まっています。
写真を撮ったのは約18時。これが20時過ぎになるともっと人が集まってくるのです。
qawra1.jpg


同じブジバー広場で開催されたワイン祭り
グラスを最初に買うと、いろいろな種類のワインが飲み放題なんです!!!お値段3,75リラ(約1200円なり)で、お得。
しかーし、そんなに飲めないブースケとお疲れ気味のテディは見学のみでした。

qawra4.jpg


マルタの海は岩石が多いので、ここには人口砂浜ビーチが作られてます。

qawra.jpg


写真がたくさんあるので、何回かに分けてレポートしてます、マルタ旅行記。
皆様、もうちょっとお付き合い下さいね。

人気ブログランキングポチリしてくれると嬉しいです。banner_02.gif


【2007/07/01 20:36】 | 旅行 Reisen | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。