一人散歩 im Englischen Garten
皆さん、お久しぶりです!
日本からブースケです。日本ネタをどんどん書こうと思っていたんですけど、いろいろと予定が山盛りで。。。滞ってしまいました。

これは出発前に書いた記事ですが、日本ネタの前にアップしておきます。次こそ日本の話題書きますので、もうちょっとお待ちあれ。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


先日、用事があって行った所が英国庭園のすぐ近くだったので、帰りにブラブラ一人散歩してきました。
ミュンヘンを横たわる広大な英国庭園(イングリッシャー・ガルテン)は何と面積3、4平方キロメートルだって。(ニューヨークのセントラルパークよりも大きいらしい)

まず英国庭園のすぐ裏にあるHaus der Kunst(直訳すると芸術の家)美術館からスタートして大学の本校舎の方向へ。
英国庭園、そしてミュンヘンを区切るようにして流れるイザー川での橋に人だかりが出来てます。。。

englischer_garten1.jpg


これは初めて見る人にはビックリな映像ですが。。。
この川にはこんな風景が繰り広げられているのです。。。

励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif

続きを読む
【2006/05/30 02:19】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Martiniナイト
以前紹介したノルウェー出身のお友達、クリスティンから「マティーニナイトなるもののご招待を受けました。
要するに「家飲み」ですね。

クリスティンのお家にはとても素敵なベランダがあって、夏になるといつも友達で集まってベランダ・パーティをするんです。
CIMG3214.jpg


クリスティンは自他共に認めるキッシュ大好き人間。
今回も美味しいキッシュをご馳走になりました。
キッシュ(奥)とサラダ(手前)。サラダ皿はノルウェーの伝統的なサラダボールを使っています。お母さんからのプレゼントだそうです。
Kristin3.jpg

ほうれん草とサーモンのキッシュ。ドイツのレシピにはスモークサーモンを使うと書いてあったそうですが、今回は生のサーモンを入れてみたそうです。

キッシュのお次はスゥエーデンのデザートレシピから作ったと言う「ラバーバ・アップルパイ
Kristin4.jpg


ラバーバはハスの様な植物で、元々が酸っぱいので、甘く煮てケーキにしたりジャムにしたりすると美味しいです。

デザートが終わると主役のマティーニ様登場です。
私はお酒自体あまり飲めない体質なので、いままでマティーニと言ったら「ジェームスボンドが飲んでるやつ としか知識がなかったのですが。。。こんなにいろいろな種類があるんですねぇ。

CIMG3232.jpg


左からマティーニビアンコ(bianco)、ドロ(d`Oro)、ロッソ(rosso)、ロゼ(rosé)です。
そして、今回は「マティーニ・マイスター」を決定すべく、目隠しでマティーニクイズをすることに。。。(ってこういうのって全て私のアイディアだったりするんですけど、ね)

結果は。。。続きを読んでね♪

励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif
続きを読む
【2006/05/29 20:00】 | 私事ですが | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
Summersound
日常のストレス、皆さんはどう解消してますか?
私はスポーツ(たまーにですけど)そして、毎週通っているコーラスで大きい声を出してすっきりさせてもらってます!

さてさて、先週はそのコーラスでピアノを弾いているシュテファンと歌の先生、ジェニファーが小さいバーでライブをやるというので行ってきましたー。
(名前をクリックするとHPへジャンプします。
summersound.jpg


実は以前ジェニファーのホームパーティに行ってびっくり。
そのパーティでサックスを吹いていたのは。。。私の大学の先生だったんです。。。しかも、この先生とジェニファーは幼なじみなそうな。世界は狭いですねぇ。
今回もピアノのシュテファン、ボーカル、ジェニファーとサックスの先生、コンスタンツェ(名前をクリックするとHPへジャンプします。)で素敵なメロディーをかもし出していました。

ジャズあり、シャンソンあり、バラードありとジェニファーの歌声にうっとりしつつ、「自分もいつかこんな風に歌えたらなぁ。。。」、と自分の練習不足に反省。。。

ブースケ、実は6月から日本に行ってきます。その本目的が友達の結婚式なんです。
その結婚式では何と3人組で歌の披露 を頼まれてます。。。

曲名は。。。ひ・み・つです。新婦になる友達がこのブログを読んでいるらしいので。。。

。。。と言うことで、毎日この曲を聴いて、耳コピなブースケです。
コーラスの先生、ジェニファーにもこの曲を聴かせてみたところ、彼女のお耳にも気に入ったらしく「練習頑張ってる?」といつも聞かれてます。

深夜コンピューターの前で歌+振り付けの練習をしているブースケに旦那は冷たいまなざし。。。ドイツ人、そういうところのユーモア欠けてますから。


励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。

banner_02.gif


疲れている人、ストレスが溜まっている人にはやっぱりマッサージ?一度タイでマッサージコースに通ってから、すっかりマッサージ職人なブースケです。
気を高めるヘッドマッサージ―ストレスや頭痛を解消し、活力を回復させる安らぎのマッサージ法
気を高めるヘッドマッサージ―ストレスや頭痛を解消し、活力を回復させる安らぎのマッサージ法
ロザリンド ウィドウソン (2005/02)
産調出版

この商品の詳細を見る


むかーし、むかーしに日本で買いました。
我が家のゆったりワインな夕べにはこのCDが欠かせません。

NOW JAZZ
NOW JAZZ
オムニバス (1995/06/07)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

【2006/05/28 22:05】 | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
白アスパラガス Spargel
最近のミュンヘンのお天気は。。。
春は何処?ってくらい暖かくなって、コートを押入れにしまうととたんに寒くなったり、、、訳が分からない天気です。
実はこれも5月の天気特有なんですね。

ドイツでは昔から「Die Eisheiligen (5月11-15日)」の時期には雪が降ったり、霜が降りたりと寒い天気になることが多いそうです。
なので、庭にお花や種を植えるのも「Die Eisheiligenが過ぎてから」がドイツの家庭では鉄則らしい。

それにしてもEisが氷、そしてheiligenは聖者(複数)だから直訳で「氷の聖者達」 なんて、かなりキリスト教的なお名前。

5月も後半になった今日この頃。ミュンヘンはすっかり暖かくて夏っぽくなってきましたぞ。

そうそう、冬が過ぎると決まってやってくるのが。。。
白アスパラガス!!!
これが出回ると、「春が来たんだなぁ」というお知らせのようなお野菜でございます。
調理の仕方はかんたーん!
まず皮をむいて(上の部分以外)。。。
spargel1.jpg


このお鍋、実はアスパラガス用の鍋なんです。
のっぽさんだから、背の高いアスパラも楽々入るし、網が中についているので、取り出しも簡単♪ もちろんパスタや他のお料理にも使える便利物!

調理時間は太さによっても違いますけど、10分から15分くらい茹でます。お湯には油とお砂糖とお塩を少々。お砂糖が少し入っているので、苦味も取れます。
上の部分はお水から出ていても、蓋をして蒸すので大丈夫。
逆に上の部分も一緒に茹でてしまうと、柔らかくなりすぎてポロリ。。。ってこともあるのでご注意。
spargel2.jpg


そして、極めつけがこの 「braune Butter」でございます。
バターを溶かして、熱したものにパン粉(こちらのパン粉は日本の物に比べて細かい)を入れたものです。
これを最後にアスパラの上にかけて、頂きます。

spargel3.jpg


バター以外にも、オランデーズソース(卵黄とバターで作られたソース、マヨネーズのすっぱくない感じ)をかけたりしてもOK。
spargel4.jpg


この白アスパラ、値段もまちまちで安いものだと1キロで3,4ユーロ。(約435円~580円)。高くなると1キロで10ユーロくらいします。(約1450円)

今日はお昼に4人で2キロを食しましたけど、もうお腹いっぱい!+余ってしまったアスパラは夕飯にスープとしていただきました!
spargel5.jpg

スープ以外にも茹でたアスパラをフレンチドレッシングにつけて、アスパラのマリネにしてもとっても美味しいですよ。


【2006/05/22 00:17】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
Käsemarkt  ケーゼマルクト
kaesemarkt.jpg


先週友達とブラブラしていた街中で偶然見つけたKäsemarkt (チーズマーケット)。
このチーズマーケット何と3日間だけこの広場で開催しているそうで、いろいろなチーズのお店が並んでいました。

kaesemarkt2.jpg


先週末の母の日に向けて、義理母用のプレゼントを探していたブースケ。早速チーズの盛り合わせを購入!
これがそのチーズ達でございます。
kaese.jpg


嫌いな人もいるとは思いますけど、何とこのチーズ達、やぎさんのミルクから出来ているんです。
私は元々やぎチーズは好きですけど、一緒にいた友達は苦手な人。それでも、このカマンベールを試食したら、「お、美味しい♪」だって。
バイエルンの田舎で作られた新鮮なチーズだから、普通の市販のものと比べて臭いも味もくせが少なくて、美味しいんです。
kaesemarkt3.jpg


たまたまブースケ達が通りかかった時にバンド演奏をしていて、かなり良い雰囲気

いつも花束をプレゼントしていた母の日に、今回はチーズの盛り合わせで義理母も大喜びでした。
その日の夕食はもちろんチーズをはじめ、ハム、サラミとパンなどでドイツの冷たい夕食(kaltes Abendessen)です。
来た当時はびっくりだった冷たい夕食も、もうすっかり慣れてしまったブースケです。皆でおしゃべりをしながら囲む食卓。美味しいパンに、ハムにチーズ。これだけあれば、もう十分!



励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif

【2006/05/21 23:38】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
Babyshower Part II 写真集
前回アップしきれなかったベイビーシャワーの写真達でございます。

パッチワークの得意なお友達からのプレゼントは赤ちゃんが寝る為の敷き布団。
裏面にはこんな素敵なメッセージが縫いこまれていました。
素敵なプレゼントですね。

babyshower2.jpg


バーバーパパの食器セット。マティーナが大好きなキャラクターです。プラスティックだから落としても大丈夫だし!パパママの方が使いたいみたいです。
babyshower1.jpg


これ赤ちゃんベットなんですけど、半円になっていて、パパママベットにくっつけることが出来るんです。
母乳を与えるのにすぐ隣に赤ちゃんベットがあったら便利ですよね。なんとも便利グッツです。

babybed.jpg


「女の子だから全てピンクにするのは嫌。」というマティーナ。乳母車もニュートラルなライトグリーンです。
これで二人目が男の子でも大丈夫??

kinderwagen.jpg


私もピンクは避けてニュートラルに黄色をチョイスしてみました。マティーナも旦那様もテディベアーが大好き!らしいので、ベアーの縫いこんである赤ちゃんタオルです。端っこを帽子のようにかぶらせて、赤ちゃんをくるむことが出来ます。
babyshower4.jpg



ちょっとボケちゃったけど、シュタイフの赤ちゃん用テディです。さわり心地も柔らかくて、お腹を押すとピューっと音が鳴ります。皆このテディにはメロメロで、交代でお腹を押して楽しんでました。
babyshower3.jpg




励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif


【2006/05/19 17:59】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
Babyshower!!!
babyshower.jpg


皆様、お久しぶりです!
ミュンヘンはすっかり暖かくなって、大学の学期も忙しくなってきました。
ブースケは本読みに、グループでの発表に追われてこのブログもなかなか更新できませんでしたね。
中には前回の記事「ラテン語の脅威」がたたったのでは。。。とのご意見、ご感想もいただきました。大丈夫ですよ。まだ、ラテン語が要らないのは変わりないですから。笑

さてさて、今回は先週末行った友達のベイビーシャワーでございます。
女友達が妊娠中の友達を訪ねてプレゼントを渡したり、おしゃべりしたりする場らしいです。
今回妊娠中のお友達、マティーナは私達よりも1週間後に結婚したんですけど。。。先を越されてます。。。

皆それぞれに可愛いプレゼントをしていて、見ていて楽しかったです。
私はテディで有名なシュタイフ(耳にボタンがついているメーカー)の赤ちゃんテディと、角が帽子のようになっているバスタオルをプレゼントしました。

集まったのはマティーナの友達7人。女8人集まれば。。。テーマはかなり幅広いですねぇ。
マティーナの教会グループのお友達の中には神学を勉強されて、教会で働いている人が二人もいたので、話題はダヴィンチ・コードから、宗教の授業を受け持っている小学校の生徒の話、しまいには老人ホームの話などなど。。。幅広かったー。

あと10週間で生まれるマティーナ2世(女の子らしい)。
何だかブースケもわくわくです。


励みになります。読み終わったらこちらを1クリックお願いします。banner_02.gif


【2006/05/16 06:01】 | ドイツ/Deutschland | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |