ミュンヘンで本を読む: 図書館のススメ~🎵
以前、ドイツで日本語の本を読むって記事を書いたのですが、今回は図書館の情報です💫
学生時代には図書館にかなぁ~りお世話になりました。だって、自宅で集中してお勉強出来ない人なので(^_^;)

しかも、スタバとかオシャレなカフェでお勉強。。。毎日してたら破産するわ!💢

で、色んな図書館を探索してました。

昔のブログの記事→ミュンヘンの図書館


大学生の頃は大学関係の図書館や、勉強スペースのある図書館をメインに探していたのですが、最近は貸し出し専門。子連れでも行きやすい図書館もポイント高し。
主に通っているのはこの2図書館です♬


  1. ミュンヘン日本語補習授業校図書室

  2. ミュンヘン市立図書館



1)の補習校の図書室は、日本語の絵本を借りるのに大活躍♬
日本から持って来るのも大変だし、せっかく持って来ても子供が気にいるかどうかも分からないので、かなり助かってます。


2)のミュンヘン市立図書館ではドイツ語の本を借りています。やっぱり子供の絵本と読み聞かせCDがほとんど。
ミュンヘン内の至る所に市立図書館あるのですが、よくお買い物に行く所とか近所が1番良いですね~♬

絵本コーナーもあるし、絵本読み聞かせや映画上映会とかのイベントもあります。小さい頃から本に囲まれた生活、良いですね~♬




嬉しいのは、18歳未満の子供は年間使用料が無料なのです。⇦これ嬉しい!💘

子供のカードで大人の本も借りられるので、ブースケもちゃっかり自分の本を借りてます😅

最近になって、ドイツ語の慣用句(言い回し)の本を借りてみました。いやー、ひっさびさの勉強💦ドイツに長くいて日常生活に問題はなくても、こう言う言い回しがさらっと言えるとコミュニケーションも更に円滑になるような気がする~。そして、ドイツ人との会話で時たまこう言う言いまわしが出てきて、???っていう時もあるので(^^;;



今日の教訓: 語学は満足したらそこがゴール!これからもドイツ語がんばろーっと♬




人気ブログランキングへ

【2016/09/09 10:03】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あなたならどうする?!
皆様、こんにちは~。

以前から恐れていた事が、つ、遂に起こりそうな予感です。
そ、それは義母からのお掃除攻撃~!

ずっと前にお家に(いきなり)来た時に、キッチンをじっくりチェックされて、ホコリを指先で取る「ザ・お姑の仕草」までされてしまった経験あり。
で、テディと一緒になって、なるべ~く家に上げないように気を付けてたんです。


が、最近は産まれて来る赤ちゃん用の準備とか色々ありまして、今日は義母が部屋にカーテンを取り付けるお手伝いに来てくれたんです。

で、その時にキッチンチェックされちゃいました~


この体じゃ細かい所までお掃除出来ないだろうから、「来週来て大掃除してあげるわっ!」って

義母曰く、キッチンの油汚れと電気コンロの上の汚れ。。。が、ヒドいらしい。
う~ん、確かに昨日の夕飯を頑張って色々作ったので、後のお掃除が出来てなかったかも。。。。
日本風の夕食を毎晩作ると、後の片付け(食器&料理器具)で手一杯になっちゃって、台所全体をもう一度ピカピカになんて出来ない!!!
。。。なんて事を言ってるグータラ嫁は私だけなんでしょうか。



ドイツ人のお掃除術を学べる良い機会じゃないのっ!何を迷ってるの?お義母様に色々と伝授してもらいなさいっ!

。。。って考えと、


だって、「ここが汚い、ここが掃除出来てないっ!」って言われ続けて、ストレス溜まりそうだしぃ~。やっぱり気が乗らないわ。

。。。。って考え(こちらの方が大きいけど)が交差してる今日この頃です。


それにしても、来週義母が来るんだったら、その前に前に自分である程度片付け&掃除しないといけないよ~。

出産直前になんてハードな試練。



あなたなら、どうする?!


個人的には、義母が来る前に赤ちゃんが産まれてくれて、この話、なかったことに!!!!ってなったら一番いいんだけどなぁ~。


泣くの歩くの産んじゃうの? あなたならぁ~、あぁ~な~た~な~ら~
ブースケに応援のポチリをよろしく↓
ブログランキング参加中です↓↓↓

人気ブログランキングへ b_04.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報
【2011/11/01 18:14】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
ドイツ語習得の道 その5 -タンデムの想い出-
だぁ~いぶ昔々の記事でしたが、こんなシリーズ書いてました


ドイツ語習得の道 その1
ドイツ語習得の道 その2-発音+大学の巻-
ドイツ語習得の道 その3-語彙力の巻-
ドイツ語習得の道 その4 -レポートの巻-


今読み返してみると恥ずかしい感じですが、当時の自分は自分なりにあがいてたんだなぁ~…と(遠い目)

ドイツ語を真面目に勉強されている方で(コメントを下さったJさんのように)、このおちゃらけブログに辿り着いてしまった方もいらっしゃるようで…
たまたま、現在ドイツ語を頑張っているお友達と一緒にこの間話していたのもあって、久々にドイツ語関係の記事でも書いてみようと思います。


私のお友達は、現在タンデム(語学交換→パートナーに日本語を教える代わりに、向こうからはドイツ語を教えてもらう)でドイツ語のお勉強中。

それで、「タンデムとはどういう風に行うものなのか?!」と、質問されたんです。

う~ん、今までタンデムは何人かのパートナーとして来ましたが、特に一括して「こういう感じ!」というのもなかったような。
要するに、自分が何を中心に学びたいのか、向こうからも要望があるので、それに合わせてパートナーごとに違った形になっていってたと思います。

私のドイツ語勉強歴の中で、想い出に残っているパートナー達はこんな人達でした。

その1:タンデムじゃないんだけれど、語学学校で一緒にドイツ語を勉強していたトルコ人達
彼らはトルコの高校でもドイツ語をやっていたらしいので、基本的にレベルはブースケなんかよりもずぅ~っと上の方でした。
特に文法や語彙力がすごかった!
語学学校の昇級テストの前には、グループで集まって一緒にお料理したりしながら勉強したもんです。あ、私は食べるの専門でしたけど(汗)その頃からトルコ料理大好きです~♪
勉強でも分からない所なんか先生みたく分かりやすく教えてもらって、彼らのお陰で試験に受かったようなもの?!

その2:大学に入ったばかりの頃に発音を鍛えてもらったドイツ人学生
彼女は外国語学科ドイツ語学部(ドイツ語を教える先生になる為の学部)専攻で、「外国人に発音を教える」というテーマのゼミに参加していたそうな。

彼女は将来ドイツ語の先生になるのに(あと、ゼミのレポートの為に)、発音テーマに絞って教える実験台生徒さんが欲しかったそうな
たまたまそれに応募したのが(今思うと)超ラッキーだった私。
本来ならばお金を払っても良いくらいな、先生でした。
これもタンデム(エクスチェンジ)ではないけれど、後々になって彼女に感謝です。

日本人が苦手な(私が苦手だった)発音:
BとW (Bund:同盟、束 vs. Wunde:傷口)
FとH (Fund:拾得物 vs, Hund:犬)
VとF fとvは[f]の音で発音 (例:Verspätung遅れ、フェルシュペートゥング vs. Frühling春、フリューリング)
MとNの違い [m]は唇と閉じてムーと発音、[n]は口を開けたまま「ン」と発音
例えばGrombachとGronbach(名字)の違いを発音してみましょう。
LとRの発音 これは英語でも苦手な人多いですが、ドイツ語だとRがうがいをする時のような発音、下を巻く巻き舌Rの発音する人(特に東欧に多いかも)、それと語中にあるRは母音化する事もあるので、難しいかも。
例えばMorgen朝→カタカナで書くとモルゲンですが、実際は母音化したRなので「モアゲン」と聞こえます。

子音が続く単語  Psychologie(心理学)とか、Apfel(りんご)と無声子音(破裂音・摩擦音)が続くと難しいですね~。


その3: 大学に入って数年してから、日本語学科の学生さんと語学交換してました。思えば、ちゃんとgive&takeのエクスチェンジはこれが初めてだったような?!
でも、ちゃんとに教えたり教わったりと言うよりは、タダおしゃべりしてただけだったような。。。
大学関係(レポートのお直しなど)で助けていただきました。向こうも分からない文章があると聞いて来るといった感じで、お勉強!!!という感じではなかったかも。

その4: 卒業論文を書いていた時に助けてもらった日本人学科のドイツ人お友達。
その3の学生さんとは、また違う人なんですが。論文を書いた部分を読んでもらって、一緒に校正してました。
私の1年後?くらいに、彼も卒業論文を書いていて、その時は日本語→ドイツ語訳のお手伝いをしてあげたので、時間差で助け合いかな~。

その当時は何人かに分けて論文を読んでもらったりしたんですけど、時間もかかるし、文法の間違いだけを直す人と、文脈&内容が正しくなるように校正してくれる人といて、ちゃんとに論文を思って校正してくれる人って本当に貴重でした。

こう思い返してみると、今のブースケのドイツ語能力は自分1人の力だけじゃなくって、いろいろな人達に助けられてここまで伸びたんだなぁ~。。。と。
まぁ、最近はドイツ語のお勉強もサッパリやってないので(ドイツ語本すら読んでない怠惰な私)、正直ドイツに住んでても語彙力とか落ちてるっぽい 


せっかくの時間がある今のうちに、ちょっとはドイツ語本でも読まねばっ!!!

今日はちょっとドイツ語よりの長い記事になっちゃいましたが、最後まで読んでくれてありがとうぅ~。

ブログランキング参加中です↓↓↓
ドイツ語勉強の励みにもなります~、ポチッとよろしくお願いします☆


人気ブログランキングへ b_04.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ:ドイツ語 - ジャンル:学問・文化・芸術
【2011/10/06 13:00】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お城研修と方言
皆様、こんにちは~。
前回に引き続きお城セミナーでのお話です。
今回はセミナーで気付いたドイツ語の方言についてのお話。
IMG_0489.jpg

会社でもバイエルン州の方言で話す同僚が何人かいますが…
今回の研修で、聞き慣れないアクセントのおばさまがいらっしゃいました。
後で聞いてみると、Karlsruheの方の出身。調べてみたら、カールスルーエの地方はプファルツ語(Pfaelzisch)を話すらしい。
彼女のドイツ語はメロディーがあってリズミカルだし、ドイツ語っぽく聞こえない。
集中してないと理解するのが大変でした~ でも、聞いていて楽しくなる感じ。

会社で目の前に座っている同僚シュヴァーベン地方出身なので、訛もシュヴァーベン語。
ist(イスト)がish(イシュ)という発音になったり、Hast Du?(ハストゥ ドゥ?)が(ハシュ ドゥ?)になって、何だか。。。可愛い


そうそう、ドイツ語方言の面白いHPを見つけました。
→ Dialektkarte
ドイツの方言地図で各都市をクリックするとその地方の方言が聞けます。
研修で会ったおばさまの話し方は この人に近かったかも→Mannheimの近郊、Mutterstadtの男の人の方言(Vorderpfälzisch)。
Bern(ベルン)のスイス・ドイツ語とかも面白いですね~。少しの単語程度しか理解出来ないけど、響きが「森の妖精」っぽい。


ドイツ語は日常生活に問題ないくらい出来るようになったけれど。。。方言は。。。ねぇ~。
ドイツ語習得の道は続く。。。って事ですね~

今回のセミナー会場のお城、な、なんとこの方も訪れた事があるそうな~。
IMG_0499.jpg


まだまだ学ぶ事は多しっ!

ブログランキング参加中です↓↓↓
あなたの1クリックが励みになります↓↓↓
banner_02.gif b_04.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報
【2010/07/23 20:04】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
久々のドイツ本達。。。
皆様、今日は~。
今月末から、いよいよ夏時間が終わってしまいます。
これで日本との時差も7時間→8時間。何だか、遠くなってしまったような気が。。。

これからの季節に備えて、アマPンで何冊か本を注文
いつもは配達時に家にいなくって、わざわざ郵便局まで取りに行ったりと、面倒くさい思いをしていたんですが、今回は会社に送って頂きました~。


以前の記事で書いた事がある本↓Martin SuterSmall World

アルツハイマーになってから、過去の記憶がよみがえっていく老人を中心にした心理サスペンス物語。。。
なんですが、お恥ずかしながら○年前、私が初めて自分の意思で読んだドイツ語本です。
その前も課題本や、レポート用にと数は読んでましたけど、趣味で読むドイツ語本って何だか特別な存在でした。


専門用語など、知らない単語も沢山あって、読み始めは苦労しましたが、話の展開が進んで来るとハマれた!面白い作品です。お薦め。


Small World (Panther)Small World (Panther)
(2002/05/01)
Martin Suter

商品詳細を見る


この本が面白かったので、今回は「神経病学トリオ」で出ている他の2冊を注文してみました。

Die dunkle Seite des MondesEin perfekter Freundです。

それと、日本で買いたい本を探していたら。。。
イギリスの作家、ジェフリー・アーチャーが面白い!。。。とあったので、ドイツ語訳をゲット。
まずは『ケインとアベル』を試しに買ってみました~。
これは続きの本が何冊かあるようなので、ハマれるようだったら続きも読みたいなぁ~。。と。
ジェフリー・アーチャーは会社の同僚も一押ししてたので、期待度が高まります。

他にチェックしてたのは(ベタですが)パトリシア・コーンウェルの有名な検屍官ケイ・スカーペッタ シリーズ。。。が、まずは上記の3冊を読み終えてから。。。と思います。(いつになる事やら)

人気ブログランキング
今のところ、日本語の本を読み尽くしてしまったので、ドイツ語力を落とさない為にも読書あるのみですっ!応援よろしくおねがいしまぁ~す♪
banner_02.gif


【2008/10/20 18:09】 | ドイツ語/Deutsche Sprache | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
| ホーム | 次ページ